馬産地レポート一覧


お使いの機種に対応しているムービーがありません。
フェアリーS(GV・中山)優勝馬ノットフォーマルの父
ヴァーミリアンが暮らすスタリオン

ブリーダーズ・スタリオン・ステーション【日高町】

 桜花賞を目指す3歳牝馬の重賞「フェアリーS」を、11番人気のノットフォーマルが制した。好スタートからハナを奪い、直線でもしぶとく粘って後続勢の追撃を退け、春のクラシックへ向けて大きな弾みをつけた。
 ノットフォーマルの父は、06年〜10年の5年間でダートGT9勝を挙げた記憶に新しい名馬ヴァーミリアン。11年から種牡馬生活を始め、今年の3歳世代が初年度産駒となる。そして今回のレースは、父として初めて味わう中央重賞勝利の美酒となった。
 「種付けシーズンを直前に控え、待望のJRA重賞勝ち。しかも、芝の重賞ですからね。種牡馬ヴァーミリアンの可能性を広げる貴重な1勝だったと思います」
 と産駒の勝利を喜ぶのは、ヴァーミリアンが種牡馬生活を送るブリーダーズスタリオンステーションの松下敦典さん。
 「体調は良く、シーズンに向けてしっかり充電できました。マイペースな馬で、他の種牡馬を見ても我関せずといった様子です。普段はおとなしいのですが、手入れの時には軽く噛んでみたりして、いたずら好きな面もあります」
 と近況を知らせてくれた。種付けに関しても前向きで、手のかからないタイプだそうだ。
 「ダートで多くのGTを勝った馬なので、どうしてもそのイメージを持ちがちですが、2歳時には芝の重賞を勝っていますからね。芝でデビューする産駒が多いことや、芝の重賞馬が出たことも頷けます。今のところ短距離〜マイルで結果が出ていますが、血統背景からは距離をこなせる馬も出てくるでしょう」
 と産駒の特徴を分析する松下さん。
 現役時代の競走成績も然ることながら、実績あるスカーレット一族出身のエルコンドルパサー直仔という極上の血を求めて初年度からニーズが沸騰。種牡馬4年目となった昨年も185頭に種付けを行い、その人気は衰えを知らない。今年は種付け料をアップしたにも関わらず、早々に満口となったそうだ。
 「ノットフォーマルもそうですが、サンデーサイレンスの血が入る牝馬に交配するとクロスが発生するので、それを狙う生産者の方もおられます」
 と、人気の一因を明かす。
 「産駒は仕上がりが早く、父のように息長い活躍をしてくれると思います。これからも1つ1つ実績を積み上げ、芝でもダートでも大物を送り出していきたいです」
 と意気込む松下さん。これから始まる春のクラシック戦線は、ヴァーミリアンがスタリオンのエースにのし上がる第一歩。その初年度産駒たちに、自身がやり残したクラシック制覇の夢を託そう。

ヴァーミリアン
牡馬、黒鹿毛
2002年4月10日生まれ
●父/エルコンドルパサー
●母/スカーレットレディ
●母父/サンデーサイレンス
●生産者/ノーザンファーム(早来)
●調教師/石坂正(栗東)
●馬主/泣Tンデーレーシング
●競走成績/34戦15勝
●獲得賞金/1,132,859,000円+300,000ドル

ノットフォーマル
牝3歳、美浦北・中野栄治厩舎
母リミッターブレイク(母父マンハッタンカフェ)


戻る

TOPへ

©WORLD